進研ゼミチャレンジネットブログ 進研ゼミチャレンジネットブログ

進研ゼミ トップ


進研ゼミは小学生中学生高校生向けの
家庭で無理なく出来る勉強学習が出来る添削式の通信教育です。

進研ゼミの受験対策・家庭での学習勉強方法についてご紹介します。

各カテゴリーです。

★進研ゼミ 小学講座
・小学生講座 チャレンジ一年生
・小学生講座の学習システム
・小学生講座 入会から受講までの流れ
・小学生講座の教材
・小学生講座の受講料と支払方法
・小学生講座とは・・・

★進研ゼミ 中学講座
・中学生講座の「難関私立中高一貫講座」
・中学生講座キミナビ
・中学生講座チャレンジネット
・中学生講座で成績アップ!
・中学生講座とは・・・

★進研ゼミ 高校講座
・ 高校講座
・高校講座 定期テスト対策教材
・高校講座「マナビジョン」
・高校講座「my学習ナビ」

★進研ゼミ チャレンジランド
・チャレンジランドで知識を広げよう!
・チャレンジランドでネットを学ぶ
・チャレンジランドの会員になろう!
・チャレンジランドで楽しく学ぼう!
・チャレンジランドって何?

★進研ゼミ チャレンジネット
・チャレンジネットで成績アップ!
・チャレンジネットで受験の情報を得る!
・チャレンジネットで受験を乗り切る!
・チャレンジネットって何?

★進研ゼミ キミナビ
・チャレンジネット キミナビを活用しよう!
・キミナビに登録しよう!
・「キミナビ毎週やりきりプランメール」
・「キミナビ3ヶ大成功プランメール」
・キミナビって何?

★進研ゼミ Z会
・進研ゼミとZ会を比較してみて・・・
・Z会 定期テスト対策は?
・Z会の情報量の比較
・Z会との料金比較
・進研ゼミとZ会の比較

★進研ゼミ マナビジョン
・マナビジョンでメルナビを受け取ろう!
・マナビジョンに登録しよう!
・マナビジョンとは・・・
・マナビジョンとは・・・

★進研ゼミ 赤ペン先生
・赤ペン先生の作文添削がいい!
・赤ペン先生になるための条件
・赤ペン先生の仕事の仕組み
・赤ペン先生のフリーコメント♪
・赤ペン先生って?

★進研ゼミ 漫画
・進研ゼミと子供チャレンジの漫画
・進研ゼミと漫画「ドラゴン桜」
・進研ゼミのサイトで漫画教科書の話題
・進研ゼミの漫画戦略
・進研ゼミの漫画が人気らしい!

進研ゼミと子供チャレンジの漫画

進研ゼミの運営会社はベネッセですが、
この会社が幼児向けに提供しているプログラムが「子供チャレンジ」です。

子供チャレンジと言えば皆さん思い出すのが漫画
しまじろうですよね。

しまじろうは可愛い顔をしたトラのキャラクターのことですが、
漫画好きな幼児たちですから、このしまじろうは大人気です。

この漫画キャラクターしまじろうは、子供チャレンジの教材だけでなく、
しましまタウンというしまじろうと遊べるコミュニケーションパークや、
全国各地でのしまじろうイベント、テレビ番組やインターネットサイト、
そして携帯サイトまであります。

このしまじろうの漫画とかキャラクターものが欲しくて
子供チャレンジに入る子供(入らされる親?)が多いのも理解できます。

少子化と言われていますので、こうやって幼児のうちから
子供チャレンジに親しんでもらい、そこから進研ゼミ小学講座・
中学講座と進んでもらうのがベネッセの狙いでしょう。

進研ゼミと漫画「ドラゴン桜」

進研ゼミのサイトでも、以前話題になった
受験漫画「ドラゴン桜」を紹介しています。

「ドラゴン桜」は、弁護士の主人公・桜木建二が、落ちこぼれ高校に
赴任して100名の東大合格者を出そうというストーリーですが、
この漫画の中には、進研ゼミでも注目する様々な合格ノウハウが
ギッシリと詰められているのです。

漫画の中では、コーチング理論から発達心理学、
最新の受験情報まで、良くここまで調べあげたなと
思うような専門知識が紹介されています。

この漫画は、どちらかというと受験生に見せるよりも、
進研ゼミなどを子供にさせている親こそに見て欲しいものですね。

東大に子供を入れるためには、単なる詰め込み式の
ガリ勉ではダメで、子供を東大に入れた親たちの体験談を
いくつも見ていくと、成功法則が何となく見えてきます。

今の自分と照らし合わせることで、これから子供達と
どう学んでいくかがわかるかもしれません。

進研ゼミでは、学習に漫画を利用するということは
以前からやっていますが、「ドラゴン桜」は受験生の親にとっての
教材とも言えますね。

進研ゼミのサイトで漫画教科書の話題

進研ゼミのサイトで、漫画教科書の
話題が載っていました。

これは、大阪のある出版社が高校の数学の教科書で
漫画を多用したことが話題になっているという記事でした。

「高校の教科書に漫画??」と不思議がったり
違和感を持つ親も多いと思いますが、そこに至るまでは
いろいろな背景があるようです。

進研ゼミのサイト記事によれば、その数学教科書は
約180ページ中、約70ページで漫画を使っていたとのこと。

確かに漫画の比率は随分と高いですよね。

内容としては、数学の嫌いな高校生がタイムスリップしてしまい、
理解できるまで現代には戻れないというストーリーです。

ただ、これは検定時の話で、実際は検定でこの漫画の多さに
検定意見がついてしまい、結果的には漫画は20ページに
減ったそうです。

でも以前なら漫画を教科書に使うことそのものが「ダメ」と
言われそうでしたから、20ページとは言え認められたということは、
それなりに必要性があるという判断を文部科学省も
しているということですね。

進研ゼミは以前から漫画をいろいろと利用していますが、
それだけ学習効果があるということでもあります。

進研ゼミの漫画戦略

進研ゼミは、新規入会者を獲得するために
ダイレクトメールなどを良く使います。

対象になるお子さんをお持ちの方は、
進研ゼミのダイレクトメールを一度は見たことがあると思います。

進研ゼミの上手なところは、ダイレクトメールや
広告などに漫画を多用して、
子供にとって親しみのある内容にしています。

勉強というものに対して抵抗感を持たれないよう、
漫画を使ってわかりやすくするという戦略は成功ですよね。

進研ゼミのサイトでも中学講座などでWEB漫画をやっていた
時期もありましたが、残念ながら今はとりあえず終了しているようです。

親の中には「漫画なんて・・・・」と言う方もいらっしゃいますが、
とりあえず勉強というものに目を向けさせるきっかけとしての
漫画であれば、決してマイナスではないのでは?

進研ゼミももっと漫画などを使ってより
楽しく学習できるようになったらいいなと思います。

進研ゼミの漫画が人気らしい!

進研ゼミの小学生講座 チャレンジランドには、
かわいいアニメがいっぱい!マンガを見ながら
同時にそれが知識になっていくという仕組みになっていて、
とても楽しんで勉強に取り組むことができるのが嬉しいですね!

マンガのキャラクターや写真で図が動いたりするのも面白いです。

どのページにいってもかわいいキャラクターが登場するので、
パソコンに向かっている時間がとても楽しいです。

楽しみながら、勉強をする習慣をつけるというのは、
低学年のうちには必要なことですね。

中学になるとweb漫画というのもあるらしくて、
それが意外と人気だそうです。

まず、こどもの興味をそそり、そこを入り口として
勉強をすることを習慣づける学習方法は進研ゼミならではの
大きな特徴ですね。

小さな子供の頃は、しまじろうで遊び、こどもちゃれんじで楽しみ、
その後、小学生講座、中学生講座、高校生講座と大人になるまで
ずっとベネッセ、進研ゼミでお世話になるなんて、すばらしいですね!

進研ゼミ 赤ペン先生の作文添削がいい!

進研ゼミ小学生講座では、
3年生からの中学年になると、高学年の学習につながる
概念や基本技能を、確実に身につけられるようにします。

そのひとつとして、筋道の通った文章を書くための
作文指導がスタートします。

赤ペン先生のチェックポイントで
その月の目標を確認することができ、また、目標を達成する文が
書けたのかが、一目でわかります。

その月の目標がクリアできている場合には、
「書く力バッチリ!」マークが記入されます。

文章を書く力に自信をもってもらうための工夫だそうです。

子供たちの表現に合わせた赤ペン先生のアドバイスで、
どう書けばよかったのかを、自分自身で確認することができます。

論理的に表現する力をつけることをゴールに、
3年生から6年生までの4年間、学年ごとの発達段階に合わせた
「ゼミ」独自のカリキュラムで作文の書き方を学ぶことができます。

作文が苦手な子供が多い中、このようなシステムで、
文章がきちんと書ける子供が増えると良いですね!

進研ゼミ 赤ペン先生になるための条件

進研ゼミ赤ペン先生
在宅でできるやりがいのある仕事だと思います。

●関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、
栃木県(宇都宮市、高根沢町、下都賀郡、小山市、鹿沼市、
栃木市、下野市)在住の方

●東海エリア:愛知県、岐阜県(多治見市・岐阜市・岐南町・笠松町)、
三重県在住の方

●関西エリア:大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県在住の方

●中国・四国エリア:岡山県・広島県・香川県(高松市)在住の方

●九州エリア:福岡県在住の方

・・・などのエリアの限定がありました。

それに加え、自宅に応募条件を満たすパソコンがあること。

パソコンのOSがWindowsで、かつ、バージョンが
Windows2000,WindowsXP,WindowsVistaであることが条件だそうです。

自宅でインターネットに接続でき、通信環境が
応募条件を満たしていること。

常時接続のインターネット回線が利用できる
(光ファイバー、ADSL、CATVなど)


この条件を満たしていることが前提で、試験、面接を受けるわけです。

字がきれいなことも選考には大事なポイントだということです。

進研ゼミ 赤ペン先生の仕事の仕組み

進研ゼミの赤ペン先生って、どんな仕組みになっているのでしょうか。

●小学1年生〜6年生のうち、その年度ごとに1学年を担当します。

●1年間同じ子ども(会員)を担当します。

● 算数と国語の2教科の答案添削指導です。

● 添削指導は自宅にて手書きで行いますが、
簡単な入力をしたり、会社からの連絡事項を確認するなど、
業務の一部で自宅のパソコンを使います。

● 週2回、決まった曜日、時間帯に地域のグループリーダー宅にて
答案の受け渡しを行います。

赤ペン先生にはグループ制があります。

● 答案の受け渡しや連絡事項の共有のために、
地域ごとに「グループ」があります。

● 赤ペン先生はいずれかの「グループ」に所属し、
週2回グループリーダー(赤ペン先生)宅に通います。

● グループリーダー宅では、週2回以下のことを行います。

・答案の受け渡し…添削指導した答案を納品し、
新しい答案を受け取る。

・会社からの連絡事項の確認や情報共有をする。

● 答案の受け渡し以外に、赤ペン先生同士での
情報共有や相談もできる場です。

赤ペン先生の募集も良く見られますが、
模擬試験に合格しないと赤ペン先生になることはできないそうです。

在宅でやりがいのある仕事をしたいと思う人には
最適の仕事ではないでしょうか。

進研ゼミ 赤ペン先生のフリーコメント♪

ベネッセコーポレーションの通信教育教材、
進研ゼミ」における、添削指導員のことを
赤ペン先生」と呼びます。

「赤ペン先生」は登録商標です。

「進研ゼミ」では小学講座・中学講座・高校講座それぞれのテキストに、
受講科目のペーパーテストが綴じ込まれており、
それを解いて返送すると、赤ペン先生が丁寧に答案を採点し、
答案の出来具合に合わせた勉強アドバイスなどを赤ペンで
記入して送ってくれます。

「小学講座」の赤ペン先生だけは担任制を採っており、
1年間は基本的にそれぞれひとりの先生が担当してくれます。

添削の内容だけでなく、自分が書いたコメントに赤ペン先生が
返事をしてくれるフリーコメントも楽しみのひとつです。

先生をわざと困らせるコメントを考えるのが流行した時期も
あったような気がします。

ちなみに同様の添削制度は「こどもちゃれんじ」にも存在し、
「あったかおてがみ」に絵などを描いて送ると
「あったかせんせい」から返事がもらえるそうです。

残念ながら、しまじろうあてにお手紙を出しても
返事は来ないそうです(笑)

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。